blog

ガス給湯器の号数(能力)について

給湯器の能力は「号数」で表されます。「号数」とは、水温+25℃のお湯が、1分間に出る量(L)のことです。
例えば1分間に24Lのお湯が出せれば、24号となります。※1
号数が大きいほど、一度に大量のお湯を使うことができます。家族の人数、お湯の使い方などから最適な号数を選びましょう。

※1 配管条件(配管長・配管径・配管経路)、給水圧、給水温により異なる場合があります。

給湯器の号数ごとの使用例

・給湯器の号数からみる生活環境
給湯器の号数から使用例を見ていきましょう。自分の家と比較すると、適切な目安が見えてきます。



【16号ガス給湯器】

16号は、一人暮らしにピッタリのサイズです。シャワーや台所でお湯を通年で使えます。一人で生活する分には、十分な能力です。ただし、同時に使用するほどの給湯能力がありません。
夫婦二人でも、共働きで同時に使う機会が少ないのであれば、16号でも十分な能力です。逆に家族がいて、ご飯の用意とお風呂のタイミングが重なると、給湯不足に陥りやすくなります。



【20号ガス給湯器】

20号になると、シャワーと台所での給湯を同時にこなせる能力をもちます。2カ所で同時程度なら、問題ありません。少人数の家族なら、十分に能力を発揮できるサイズでしょう。
ただし、冬場に冷え込む寒冷地では、どうしても水温が下がる問題があります。10度以下に下がる地域では、給湯が間に合わなくなる恐れがあるので注意が必要です。



【24号ガス給湯器】

24号になると3カ所同時でも対応できる能力をもちます。シャワーと2か所の台所をもつ、2世帯住宅などでも使われるサイズです。
お湯を使うタイミングが重なりやすい家庭でも、給湯能力が不足することは、ほとんどありません。
冬場でも2カ所同時なら、十分に役割を発揮できます。

4人~5人で子供たちが多い家庭でも、24号なら給湯器として役目を発揮してくれるサイズです。



給湯器の号数変更するにあたって

・号数の変更と注意点
現在の給湯器では、能力に不安を感じるなら、変更のタイミングです。逆にこれまでより家族が減ったり、使用するタイミングが少なくなったりしたのなら、号数を下げる選択もあります。
特に注意が必要なのは、号数を上げるときで、ガスメーターの能力を確認しなければいけません。
普段の生活の中で目にする機会の少ない部分です。これを機に、サイズの見方も覚えておくといいでしょう。